Lasergraph DSP

レーザーショーコントローラ

レーザーグラフDSPはレーザーアニメーション社の開発したレーザーディスプレに特化したオペレーティングシステムを持つコンピュータシステムです。ハードウェアとOSは全て自社開発によるものです。ネットワーク透過性が高く、柔軟な運用ができます。

20年前の発売以来、レーザーショーコントローラとしての機能を高めるために開発を続けてきました。レーザーグラフDSPはLasergraph DSP Mark2として今日に至っています。レーザーショーやマルチメディアアプリケーションの制御に広く使われ、高い評価を得ています。

 

Lasergraph DSP ラインナップ

  1. Lasergraph DSP コンパクト - 1ch ILDA出力。19インチ 1Uラックタイプ。
  2. Lasergraph DSP コンパクトデュアル - 2ch ILDA出力。19インチ 1Uラックタイプ
  3. Lasergraph DSP トラベル - 携帯性を高めた小型軽量モデル。
  4. Lasergraph DSP コンパクトPCB - プロジェクタへの組み込み用。

→ Lasergraph DSP 日本語ドキュメント


Lasergraph DSP ソフトウェアレベル

Three different software levels are available for all hardware platforms:

レベル 特徴
Playback

再生専用ソフトウェア。プログラム作成及び、変更はできません。

低価格 2190ユーロ

Mark 2
プロダクションスイート。全ての機能を利用可能。
Mark 2 Licensor*

マーク2の全機能に加え、プレイバックユニットを編集するためのライセンスが付属。

Playback をマーク2ライセンサーと同じネットワークで使用することで、全てのプレイバックユニットを使ってプログラムの作成変更が可能になります。ライセンサーは一時的なライセンスキーを生成し、ネットワーク上のプレイバックユニットに対し自動でマーク2ライセンスを適用します。ユーザーがその都度設定する必要はありません。

*) マーク2ライセンサーは今までに購入していただいたマーク2レベルの全てのハードウェアに組み込むことができます。アップグレードをご希望のお客様はお近くのディーラーまでお問い合わせください。

 

Software Updates

LaserAnimation provides free software updates for 12 months (from date of delivery) for each newly bought Lasergraph DSP.

After 12 months it is necessary to purchase a software upgrade. For this the following conditions apply:

  • An upgrade of all releases until the end of the current year costs 300 EUR (excl. VAT) per Lasergraph DSP.
  • For clients with several Lasergraph DSP controllers there are volume discounts.

DSP イントロダクション

State OF The Art Laser Show Controller Made In Germany

宝石のようにきらきらとしたレーザービームが初めて世の中に登場して以来、未だこれを超える魅力的な光はありません。計り知れないパワーを秘めた輝 き、ブリリアントな色彩は見る人の心を掴んで離しません。長年に渡りスペクタクルなパフォーマンスには必ずと言ってよいほどレーザーがアクセントとして使 用され、数多くの観客を魅了し続けてきました。

レーザーそのものが特別ですが、それに加え、音楽に合わせた動きやグラフィカルな演出が印象強いメディアとしての特徴を創造してきました。こうした人々を魅了する演出を支えるコントローラがレーザーショーを創造する上で重要な役割を果たして来ました。

LaserAnimationはレーザーショーを構築するためのコントローラを古くから提供してきました。これが

Lasergraph DSP レーザーグラフDSP

dsp-intro

です。25年に渡る開発の歴史をもち、今も尚進化し続けています。現在のモデルであるLasergraph DSP Mark 2 はレーザーショーコントローラとしての世界中のレーザーイベント、アトラクション、マルチメディアショーにおいて利用されています。

絶対の信頼性を要求されるマニュアルオペレーションから他のメディアとの高度な同期再生を要求される現場まで、高い信頼性と耐久性は世界中のユー ザーによって実証されています。1996年以来、ILDA アワードにおいて、いくつかの技術部門賞を獲得し、Lasergraph DSPによって制作された数多くの作品が芸術賞を受賞しています。

長年に渡り Lasergraph DSP は革新性、創造性、信頼性および利便性について業界水準を塗り替えてきました。

主な特徴

Lasergraph DSP Mark 2 はレーザーディスプレー専用に設計されたコンピュータシステムです。ハードウェア・ソフトウェア共に自社で開発しています。ネットワークの利用を前提とした設計により、柔軟で信頼性の高い運用を可能にしています。

業務用機材としての高い信頼性を確保するため、電子部品の選択から組み付けまで厳しい基準を設け一貫した品質管理のもと製造されています。現実的な使用条件下における長期テストとユーザーからのフィードバックにより、信頼性をより高める努力は続いています。

 

DSPマーク2は電源投入後数秒で立ち上がります。全てのソフトウェアがフラッシュメモリに搭載されているため、システムの起動が速いばかりでなく、抜群の安定性を誇っています。

レーザーショーのプログラムを行う際は、PCを使用します。PCとDSPをネットワークに繋ぐだけで、すぐにプログラムを始められます。

 ショーの再生にPCは必要ありません。ネットワーク上のデバイスから、MIDI、シリアルなどのインターフェイスを使ってコントロールすることが出来ます。ライブ操作専用のインターフェイスも用意されています。タイムコードとの同期は標準機能です。ネットワーク上にある全てのDSPを同期させることが簡単にできます。

PCに頼らない設計の為、安定性が高く、柔軟で信頼性の高いシステムを構築する事ができます。

 

Highest Reliability

    Highest reliability, which is absolutely essential especially for professional events, is guaranteed through use of carefully selected hardware components, the well proven real-time operating system and strict quality checks during production in connection with extensive test under realistic conditions.

Short Boot Time

    The Lasergraph DSP Mark 2 is ready for use seconds after it is turned on, it does not require a long time to boot. This quick system start as well as stable operation are possible because the operating system is stored in the internal flash memory.

Live Operation without PC or Mac

    Laser shows are programmed and edited on a Windows PC or an Apple Mac computer connected to the network and running the terminal software "LGRemote".
    A PC or Mac is not necessary for starting finished shows. For instance, when a control console is connected shows can very simply be started and played back using the live- and playback interface "jr. Live". Other media systems connected to the DSP via RS232 or ethernet can also be used to start a show.
    The laser show runs completely independently of the PC or Mac. Possible crashes of the computer systems have no effect at all on the live performance of the show.

完璧なリアルタイム制御

    This ability has always been seen as the most important feature of the Lasergraph DSP. The effect of any editing is immediately visible in laser on the screen or in the preview window of the programming interface - really WYSIWYG!

    All calculations for scaling, deformation, shifting, rotation, for all animations, classic frame by frame animation as well as computer aided animations such as morphing, abstracts, color cycles ... are executed in real-time.
    For animations only key frames are created, intermediate pictures are automatically calculated during playback. The advantage of this concept of calculation is the small amount of data needed, the show files are considerably smaller over all. This is a definite advantage of the Lasergraph DSP, especially when playing back shows over a network.

純度の高いカラー再現性

    The color brilliance of the Lasergraph DSP is unmistakable compared to other show controllers.
    This obvious difference is due to the highly sophisticated color management of the Lasergraph DSP which is the result of many years of experience with laser as a projection medium.

    The bright colors in a picture, in color movements such as color cycles or abstracts, the wonderfully smooth color transitions or the brilliantly colored beams as well as the excellent fade-out of each respective color are a trademark of the Lasergraph DSP and are obvious to any spectator.

    The Lasergraph DSP has six color outputs which means that it supports laser with up to six different color lines. The laser colors can be adjusted to fit any established laser system. The colors for picture editing are defined through palettes for which countless (more than 281 trillion) colors are available. These palettes can always be adapted in real-time for soft transitions, dimming, cross-fades, color cycles and so on.

プロジェクターの性能を余すところなく引き出す高品質な出力信号

    A separate digital signal processor (DSP) is used for the output which guarantees an outstanding picture quality of the scanned picture.
    The DSP allows scanning rates of up to 250kHz, even higher scanning rates are possible for color modulation in patterns.

    The pictures sent from the DSP to the laser projector are automatically optimized. The system automatically inserts waiting times for blank changes so the picture achieves the desired geometry.

    Since all pictures are vector graphics only the anchor points have to be entered when a picture is created. Points on straight lines can be omitted. If two anchor points are very far apart, intermediate points will be interpolated. If not all points are required, for instance if picture size is decreased, the number of points will automatically be reduced. This dynamic interpolation considerably reduces the flicker rate, avoids hotspots and makes the best possible use of the scanner speed.
    Interpolation, point reduction and blank delay can be set locally (for individual pictures) and globally. Globally in this case means the picture output can be ideally adjusted to the currently used laser projector.

Unparalleled Interactivity

    Nowadays laser projections are no longer displayed as "pure" laser shows. Laser is increasingly integrated into complex multi-media shows as a striking effect. Combining the most varying media and effects into a meticulously planned show is one of the most challenging tasks a controller has to master.
    The faultless music-synchronized coordination of laser beams and graphics, light-, water- and pyro-effects as well as video projections can be professionally realized thanks to the versatile control options of the Lasergraph DSP.
    For instance a DMX console can be connected to the DMX input for controlling lighting systems or other stage- and event devices together with lasers. A MIDI keyboard can also be connected for simple live control of lasers and effects.

Unique Network Capabilities

    Several Lasergraph DSP Mark 2 can be connected with other computers (DSPs, PCs, Macs) in a network.
    Devices connected to one DSP (DMX, MIDI, SMPTE, fader board...) will then be available to other DSPs in the network. For instance the SMPTE timecode of a SMPTE timecode source connected to DSP1 can also be used by DSP 2, 3 or X in the network. This offers the huge advantage of greatly simplifying the cable connections, especially for big events with many controllers and peripheral devices.

    Another important advantage is the fact that each Lasergraph DSP Mark 2 processes and stores all data locally. This makes it possible to connect almost any number of DSPs in a network and use them in a show without encountering delays when loading, editing or saving.

    In addition to operation in a substantial network the DSP can also be connected to a modem for remote maintenance.

The following important protocols are supported for network operation:

  • TCP/IP
  • UDP
  • Art-Net (TCP/IP based ethernet protocol for transmitting DMX512)
  • OSC (Open Sound Control - message based protocol for communication between computers, synthesizers and other multi-media devices)

Lasergraph DSP インターフェイス

dsp-interfaces

Lasergraph DSP は多機能なインターフェイスを標準機能として提供します。

  • ILDA 出力 ILDA標準プロジェクタ出力
  • LANインターフェイス ネットワーク接続用
  • SMPTE (LTC) In / Out SMPEタイムコード入出力
  • Midi In / Out MIDI入出力 MIDIキーボードやOHM64などを接続します。
  • DMX In / Out 照明機器の標準DMX入出力
  • RS232 (2x)  ショーコントローラなどとの接続
  • RS485 フェーダボードなどの接続
  • Sync In ビデオ機器とのフレーム信号と同期したTTL出力 3Dメガネとの同期などに利用します。

Lasergraph DSP Mark 2 プロダクション スイーツ


"Mark 2 Production Suite" は広範囲にわたるパワフルなツールを提供します。

  • Lasergraph DSP Software: システムソフトウェア
  • LGRemote: DSPのプログラムを作成するターミナルソフト(PC・Mac OS)
  • LGTimecode: ネットワーク上に流れているタイムコードをモニターするソフト
  • LGPreview: レーザー出力のプレビューソフト。スキャナーシミュレーション機能とフォグシミュレーション機能付。
  • ShowLine: ネットワーク上の複数のDSPを一つの時間軸で編集できるソフト(ウインドウズPC)。
  • jr. Live! ライブコントロールソフト。
  • DeeMagiX: 照明卓などのDMXデバイスを利用し、プログラムを作成するソフト。
  • グラフィックスデータをレーザーデータへ変換するPCソフト
    1. proTize max: 3ds max™プラグイン
    2. proTize converter: ビットマップ、ベクターデータを変換(PC/MacOS)
  • レーザー出力プレビューPC ソフト
    1. Lpv Creator: DSPの出力をビデオフォーマットでレコード
    2. Lpv Player: Lpvクリエータでレコードされたデータのプレイヤ

Lasergraph DSP ソフトウェアの特徴


プロダクションスイーツの心臓とも言えるのがレーザーショー制作に特化したレーザーアニメーション社によるオペレーティングシステムです。

その直感的なデザインは入門が用意で最小のステップで最上の結果を得られるよう設計されています。 極めて強力なツール群はユーザーの創造力に確実に応えます。  数多くの機能、周辺機器を統合する多彩なハードウェアインターフェイス、レーザーを用いたマルチメディアショーを制作するために必要なものは全て揃っています。

Lasergraph DSP ソフトウェアは継続的に開発が行われ、ユーザーフィードバックをソフトウェアに取り入れてきました。

 

ピクチャエディタ "Piced" ピクチャデータ作成ツール

dsp-software-piced

3D CAD システムのようなインターフェイス。2次元及び、3次元データを作成できます。

文字生成機能をはじめ、多くの機能を持つ大変パワフルな図形作成ツールです。

 

アニメーションエディタ

dsp-software-animed

アニメーションシーケンスを素早く作成・編集できます。

複数のエディタを同時に開くことで、アニメーションの結合分割が非常に素早く行うことができます。

トリックフィルムエディタ(プログラミングの中心)

dsp-software-edit

この画面にあるのがレーザーショー制作のための主要コンポーネントです。このエディタは魅力的なレーザー効果を創造するための多くの強力なツールを提供します。

ピクチャやアニメーションはトリックフィルムと呼ぶプログラム環境に統合されます。最大4つのフィルムを同時に編集でき、すべてのエントリー(キュー)はタイムクスリプトを通して正確に同期させることができます。

ネットワーク内のタイムコードを通して、複数のDSPを同一ネットワーク内で同期再生できます。他のデバイスと同期を取るための外部タイムコードはネットワーク経由または、ネットワーク内の1台のDSPのMIDI、LTCインターフェイスを通じて取り込み、この外部タイムコードをネットワークに流すことができます。

魅力的なエフェクト作るための多くの強力なツールを利用できます。

  • カラーサイクル、ダイナミックなカラー効果
  • 移動、ズーム、回転など
  • 変形、2つのイメージ間のモーフィング効果
  • よりリアルな表現を可能にするための
    - 法線ベクトル陰線処理技術とソフトウェアマスクの組み合わせ
    - 奥行き方向とXY平面に対する輝度キューイング
  • 筆のようなタッチを表現するソフトブランク
  • ピクチャライン上のスパークル、3Dパーティクル効果
  • 3Dオブジェクトの関節表現、3D座標のネスト(入れ子)とマトリックス演算順序のカスタマイズ機能
  • 横方向だけでなく、カーブ、ズーム効果が加えられるワードファイヤー(流し文字)
  • 一筆書き
  • アブストラクト発生機能などなど、これらはほんの一部です。

トリックフィルムはコマンドのシーケンスから構成されます。それぞれのコマンドにはパラメータセットがあり、それを編集することで自由な表現が可能です。各パラメータはカーブ(グラフ)でパラメータを変化させることができます。このため、微妙な動きも思い通りに作成できます。

dsp-software-curved

アブストラクト発生機能はダイナミックなアブストラクトを簡単に生成します。永遠に変化を続けるハイプノティック効果を簡単な操作で作成でき、再現性が高いので、アブストラクトを音楽と同期させることも容易です。
形や色を変化させる発振器は洗練された計算システムにより生成されます。さらに、カラーサイクルエディタを利用すると色の変化を思い通りに制御できます。カラーサイクルエディタはアブストラクトだけでなく、すべてのピクチャに適用でき、他のカラー効果コマンドとも組み合わせられます。

dsp-software-colorcyced

 

ステレオ 3D レーザー投影

Lasergraph DSP Mark 2 は偏光メガネ、シャッターゴーグル、アナグリフの方式に対応しています。2D投影用に作成したトリックフィルムにコマンドを一つ追加するだけで3D投影へ変換されます。

dsp-software-3danaglyph

DSP Mark 2 スイーツ コンポーネント


"Mark 2 プロダクションスイーツ"には強力なソフトウエアツールが含まれます。

"Showline" ショーライン

dsp-suite-showline

複数のレーザーグラフDSPのエントリー(キュー)と音楽やビデオファイルなどの同期編集を行うソフトウェアです。

"ショーライン" の特徴

  • 簡単な操作
  • 英語とドイツ語によるガイダンス
  • スナップ、アンドゥ・リドゥ、マーカ、ループインアウト設定など豊富な機能
  • ワークステーションの出力をそれぞれ独自のトラックに設定可能
  • エフェクトライブラリ
  • ワークスペースのカスタマイズ
  • *.WAV, *.MP3, *.WMV, *.AVI ファイルフォーマット対応

 

"LGPreview" LGプレビュー

dsp-suite-lgpreview

"LGPreview" はよりリアルなプレビューを提供します。フォグ機能、スキャナーシミュレーション機能など、ほぼ見た目と同じクオリティのシミュレーションが得られます。
ビジュアルを更に高めるために、ステージや背景などのビットマップを合成できます。雰囲気を事前に確認したり、クライアントへのプレゼン用資料制作に役に立ちます。

 

"jr. Live!" ジュニアライブ

"jr. Live!"はライブユーザインターフェイスを提供します。ディスコ、クラブなどライブオペレーションを必要とする現場で使用できます。タッチスクリーンを利用することで、ショーの選択、再生を簡潔な操作で行うことができます。

dsp-suite-jrlive-1

"ライブモード" を選択すると、マニュアルオペレーション環境になり、即興性の高い演出が簡単に実現できます。電光掲示板のようにメッセージを流すこともできます。

dsp-suite-jrlive_2

 

"DeeMagiX" ディーマジックス

"DeeMagiX" はレーザーグラフDSPをライティングデバイスのようにDMXで制御するためのソフトウェアです。明るさ、色、ポジション、回転、ズーム、エフェクトなどほとんどのことを照明卓などからプログラムできます。

さらに、"GoboWizard (PCアプリ)"を使うと、レーザーグラフDSPを操作することなく、ライブラリーの入れ替えが行えます。

 

 "GoboWizard" (PC software)のスナップショット

dsp-suite-gobowizard

"DeeMagiX" は照明とレーザーを統一した操作で行えます。音楽イベントはもちろんイルミネーションなどの設備にも最適なソリューションを提供します。

 

完璧なレーザーデータ変換ソフトウェア "プロタイズ"

"proTize"ソフトウェアシリーズは標準的なグラフィックスデータを高品質なレーザーデータへ変換するソフトです。

"proTize max"は"3 ds maxTM" のレーザー レンダリング プラグインです。機能はカトゥーンレンダリングプラグインと同じです。
プロタイズマックスの変換技術はシンプルかつ独創的でです。編集時にはリアルタイムレンダリングを利用し、レスポンスの良く快適に作業ができます。最終結果は別のレンダリングエンジンを使用し、高品質なレーザーデータを作成することができます。
ILDAアワードを受賞した"Burt the Turtle"は"proTize max"を利用して作成されました。 スキャンスピード設定、アニメーションのフレームレート設定を細かく調整できるため、高品質なアニメーションに仕上げることができます。

dsp-suite-protize

"proTize converter" はバッチ処理も可能なコンバーターです。大量のビットマップデータもバックグラウンドで処理させることができます。

 

PC上での高品位レーザープレビュー

Lasergraph DSP Mark 2 には"Lpv Creator"が付属します。Lpvクリエータで作成されたプレビューデータを再生するソフトがLpvプレーヤーです。DSPがなくてもPC上で再生できるので、デモの配布やプレゼンテーションに最適です。

データフォーマットは独自の形式を採用しています。

dsp-suite-lpvplayer

 

その他の特徴

  • ILDAアワード受賞作品を含む 30を超えるデモショーが付属しています。
  • 40種を超える高品質レーザーフォント
  • 広範囲な主題をカバーするアニメーションライブラリ(約11,000フレーム)
  • ILDAアワード受賞したインターラクティブゲーム "Pacless"
  • 詳細なコメント付きサンプルプログラムとテンプレート
  • 詳細なユーザーマニュアル
  • 基礎トレーニング
  • 1年間の無料アップデート

ビジュアリゼーション ソフトウェア(オプション)


Lasergraph DSPはいくつかのビジュアリゼーションソフトウェアをサポートしています。 以下のものをご利用いただけます。

    レーザー単独のデザインの場合は、DSPに付属するLpv CreatorとLpv Playerを利用することができます。詳細はこちらをご覧ください。 →  Laser Show Preview 


wysiwyg

dsp-visusoft-wysiwyg

CAST Software Ltd. (カナダ)が提供するソフトウェアです。リアリティが高いプレビューを提供できます。
レーザー用として次の2バージョンがあります。

  1. "wysiwyg Perform"
  2. "wysiwyg Design"
    価格はお問い合わせください。

システム要件

  • Lasergraph DSP システムソフトウェア 2015-01-15 以降。
  • PC  Windows 7/8/10

 

Realizzer 3D

dsp-visusoft-realizzer

「リアライザー3D」 写真クオリティのプレビューがリアルタイムに得られます。デバイスライブラリと共にトラス、ステージなどのモデルも付属しています。

ビデオ、レーザー、照明などを含めた完全なショーをシュミレートできます。( Pro und Ultimate バージョン)OBJ, 3DS, DXFなどの3Dモデルのインポートをサポートしています。

すべてのDMX機器を簡単にシミュレーションへ接続できます。インターフェイスとして ArtNET、SyncroNet、USB-DMX interface (USBone)をサポートし、直接DMX信号を受け取ることができます。

次のバージョンから選べます。

  1. Realizzer 3D Pro 最大 2048 DMX channels、4 レーザー 入力、3Dモデル対応
  2. Realizzer 3D Ultimate 最大 65536 DMX channels、255 レーザー入力, ビデオ入力(プロジェクタ、スクリーン含む)、無制限3Dモデル対応
    Price on request

システム要件

  • Lasergraph DSP ソフトウェアバージョン 2014-03-03 以降
  • PC  Windows 7/8/10

 

Capture

dsp-visusoft-capture

ライティングデザイン、ドキュメンテーションなど幅広い用途に利用できます。学習が容易で、効果的な結果を得ることができます。ウインドウズ、マックのどちらでも利用できます。照明、レーザー、ビデオに加え、噴水効果にも対応しています。

バージョン

  1. Capture Basic  1台のレーザーシミュレーション
    価格: 1295 EUR 
  2. Capture Extended 台数の制限なし
    価格: 2195 EUR

システム要件

  • Lasergraph DSP システムソフトウェア2012-10-29 以降
  • PC  Windows 7/8/10 あるいは Apple computer  Mac OSX 10.6 以降

 

LIGHTCONVERSE

dsp-visusoft-lightconverse

ライトコンバースは写真クオリティのリアルタイム3Dビジュアリゼーションソフトウェアです。汎用性が高く用途を選びません。フィクスチャ、測距光とゴボのシミュレーション、フィクスチャの作成、ビデオ、動くオブジェ、レーザー、フォグマシン、カスタマイズ可能なライブラリなど、多くの特徴があります。

バージョン:

  1. Lightconverse Unlimited
    価格:7500 EUR 
  2. Lightconverse Trace
    価格: 2800 EUR 
  3. Lightconverse Media
    価格: 1400 EUR

システム要件

  • Lasergraph DSP システムソフトウェア 2011-03-28 以降
  • PC Windows XP/7/8.1

アクセサリー (オプション)


E-Stopスイッチボックス

dsp-option-disablebox

E-Stopスイッチボックスはネットワーク上にあるDSPのILDA出力をスイッチ一つで全て停止する緊急停止スイッチです。

同じネットワーク上に複数のスイッチを配置することができます。

更に、付属のソフトウェアをインストールすることで、ウインドウズあるいはマックOSのPCから緊急停止できます。このソフトを利用すると、停止するレーザーをグループ分けすることができます。

 要件

  • Lasergraph DSP システムソフトウェア 2014-05-15 以降
  • LGRemote2014-04-09 以降 (設定時のみ必要)

ユーザーの声

ティム ウォルシュ, "Laser Spectacles Inc.", U.S.A.

    DSPは私のショーを素晴らしいものにしてくれます。ラスベガスで行われたILDAアワードでのことです。Orion社とライトライン社は私同様DSPを使用しているので、彼らのショーを再生するために、私はILDAミーティングの会場へ私のDSPワークステーションを持って行きました。余談ですが、私はライブパフォーマンスカテゴリで1位を守りました。他の挑戦者はほとんどパンゴリンを使っていました。皆さんもよくお分かりだと思いますが、他の人が使った機材を自分のショーのために設定し直す時は緊張するものです。パンゴリンの設定に数時間かかった参加者もいたようです。私はDSPで本当に良かったです。私のDSPは他のアワード参加者のショーのため、全くべつの設定になっていました。しかし、私は前日のRHで作ったZoneをセットし、持ってきたMIDIキーボードを接続、5分もかかりませんでした。ありがとうDSP! そして、LaserAnimationの素晴らしいサポートに感謝。

 

M. コスロワスキ レーザーアーティスト・プログラマ

曰く、DSPのネットワーク性能は卓越していて、DSPなしで仕事をすることは考えられない。

    DSPの信頼性なしに、"1000 Years Hanoi"のような大規模なショーを実現することはできないでしょう。そのような重要なイベントでは照明、映像、噴水、花火など全てに最高を求められます。DSPはそれに応えられる唯一のマシンです。

 

J. Isermann, レーザーショーデザイナー, "Living Lines", Germany 

    "Lasergraph DSP に限界はない。それだけでなく様々なソリューションを提供してくれる。"

 

F. Henning, "laser performance", Germany

    DSPは私にとって第一の選択でした。理由は信頼性です。これは私の絶対条件です。ショーが一旦走りだせば2度目はありません。最後まで走るしかありません。 DSPの多方面にわたる可能性は世の中にある他のシステムが目標とすべき姿です。出力されるアナログ信号の品質は間違いなく世界一です。LaserAnimationが提供してくれるサービスもファーストクラスで他に類を見ません。ありがとう!そしてずっとこのまま。

 

M. Israelson, "Tecnica Humana Productions", Sweden  

    15年の間、数え切れないほどファンタスティックなショーをDSPとともにしてきました。一度もがっかりさせられたことがありません。この信頼性は本当にすごい。

 

Choi Kyoung Un, "Laser Witchery Production", South Korea  

    安定性と接続性。DSP以外考えられません。

 

Tim Walsh, "Laser Spectacles", Inc., U.S.A.  

    DSPワークステーションを使えば、クライアントの要求するイメージ通りの結果を出せると私は確信している。実際には時間や予算の制限の中、どのくらいでショーを仕上げられるか。あるいは複雑で込み入った表現をどう実現するか。その他にも、仕込み時間の制約など、考慮すべきことがたくさんあります。「DSPを使う」ということは「レーザーコントロール専用の手袋の中に両手を滑り込ませるようなものだ」といつもみんなに言っています。この手袋をすれば、すべては君の思うまま。

 

Carlos Carón, "A.D.L. Láser", S. L. Spain  

    何か一言で表せば、DSPはパワフル、何でもでき、信頼できる、絶対にがっかりしない、どんな条件でも、暑くても、寒くても、私の仕事の相棒です。すみません、長くなりました。とにかく「最高!」

Our products

L
M
S