会社沿革

1984

創業者であるミカエル・ゾリンガーがベルリン工科大学の研究員だった当時、MIT先端視覚研究員でアーティストでもあるポール・アールと出会ったことがきっかけで、レーザーコントロールソフトの開発を開始。このエキサイティングなプロジェクトはスイスACR社の協力を得て、アップルIIパーソナルコンピュータで動作するソフトの開発を開始。

 

1985

  • リミニSIB展示会で、スイスACRの一員としてはじめてLasergraph IIのプロトタイプを展示。
  • 最初の5台のLasergraphを販売し、その後LaserAnimationはを設立。
  • 東ベルリンFriedrichstadtpalastでLasergraphの制御システム2台を納品。
  • 芸術家Ouhi Chaとのコラボレーションがスタート。

 

1986

ディスコクラブなどのユーザーに合計32台のLasergraph IIを納品

 

1987

  • Peter Jakubekが初めての社員となる。
  • DSP 技術でLasergraph DSPの制御開発を始め、当時の最新技術で世界中の注目を集める。

 

1988

  • 100台以上の"Lasergraph II" を販売。
  • 2日間のパブリックイベントの主催者として活動。レーザーとバーレー(to Stravinsky’s "Firebird’)、レーザーとビデオ(to Holst’s "The Planets"),及びレーザーと現代ダンスなどのを融合する技術として高く評価される。

 

1989

  • Frankenstraße (Berlin)に移転。
  •  “Lasergraph DSP”のプロトタイプは企業の主催する大型イベントで初めて紹介される。この制御装置の概念はその当時にとって全く新しく、独創的な概念が現実になり、レーザー業界で全世界でセンセーションが巻き起こされる。

 

1990

  • ”Scanamp ”が発表され、より速く正確にGS120スキャーナーを制御することを実現し、新しいブランキングと小型ハウジングを実現。
  • Newton’s Casino 劇場の芸術制作協力者として、M. Simon の監督の下で、フランクフルトのTATでのパフォーマンス。(ハンブルクとウインナでゲストパフォーマンス)

 

1991

  • 最初のLasergraph DSPシリーズが発売。
  • 新しい3D技術Trimagic®で1つのスキャナーで、フルカラー3D立体映像が実現。
  • ベルリンのMagic Baloonクラブでレーザーシステムに納品。

 

1992/1993

  • LaserAnimation Sollinger GmbHを創立。(役員M. Sollinger とP. Jakubek
  • 新しい方向性。レーザーシステムの研究開発及び設備販売に特化し原点に戻り、販売業務は代理店が販売。
  • ”Image Masking"技術は全世界のレーザーショーコンピュターとして、初めてリアルタイムで映し出される。(前景物を通して背景を隠す。)

 

1994

  • 100台目のScanampプロジェクターを発売。
  • 取り回しの良い丈夫な光ファイバーを開発。
  • バーチャルカメラをレーザーショーコンピューターで使用する概念の先駆者となる。

 

1995

  • Lasergraph DSPの制御技術の基で作られた "Lasergraph DSP II"が紹介、年間35台ほど販売。
  • 新しい光ファイバーの販売を開始。
  • 会社を10827 ベルリン Crellestraße 19-20.に移転。
  • 初めてのDSPユーザーミーティングがベルリンで行われる。
  • 洗練的な"Depth Cueing" 及び "Softblanking"(スムーズな線端)を、初めてリアルタイムで実現。

 

1996

業界初の図表(カーブ)によるレーザーの動作変化を制御する技術を実現。

 

1997

  • 90台のLasergraph DSPを販売、200台の Scanamp を販売。
  • CTI 6800スキャーナーを基礎としたの "Accurate"プロジェクターを公式発表。
  • Lasergraph DSPにイーサネットリンク機能が追加され、より多くの可能性が期待される。
  • LaserAnimationのホームページを開設:www.laseranimation.com

 

1998

3Dレーザープロジェクターの特許権を取得。

 

1999

ILDAトレードショーに新しいハードウェア Lasergraph DSP compact が公式発表される。

 

2000

  •  Lasergraph DSP compact の生産開始。
  • 200台目の”Accurate”プロジェクターが販売。

 

2001

  • 50台以上のLasergraph DSP compact を販売。
  • 200台目の Lasergraph ワークステーションを販売。
  • 300台目のAccurateプロジェクターを販売された。
  • 700以上の光ファイバーを販売。
  • IAAPA組織のメンバーに参加。
  • Hiro Yamagataと協力したレーザーインスタレーション "Photon 999" がスペンのビルバオのGuggenheimで行われる。

 

2002

  • アジアで初めてDSPユーザーミーティングが日本(東京)で行われる。
  • Blitz シリーズの開発を開始。新しいDPSS半導体 Jenoptik OEMとスキャーナーユニットの小型で持ち運べるレーザーシステム。
  • 3ds max™のプラグインproTize maxを発表。完璧な連続したレーザーグラフィックスを実現。
  • proTize Converterを発表。bitmapとvactorを高いレベルでレーザーイメージを変換することを実現。
  • ILDAレーザー技術委員会の議長にMichael Sollingerが就任
  •  アメリカのフロリダで行われたILDAでBLITZプロジェクターが紹介される。

 

2003

  • 新しいBLITZレーザープロジェクターを発売を開始する。LaserAnimationの新しい画期的な出来事となる。
  • ウェブサイトの更新。

 

2004

  • BLITZレーザー、BLITZ  Tipoベーシックが発表され、BLITZプロジェクターの成功は製品の発展に大きく貢献する。
  • 75台目のBLITZプロジェクターを発売。

 

2005

  • Carsten Nicolai’sと協力した作品"syn chron"が、ベルリン、 ベルン、山口でレーザーインスタレーショーンされる。
  • Peter Jakubek が退職。
  • DMXで制御可能なムービングヘッド型レーザーシステム”Blitz satage”を発表。
  • 150台目のBLITZプロジェクターを発売。

 

2006

  • RGBの信号調整及び密封されたレーザーライト技術を開発。
  • 最初の半導体フルカラーレーザー"PHAENON 500"を発売。
  •  "syn chron ”がシンガポールのビエンナーレ展示会で紹介される。

 

2007

  • 政府基金のリサーチプロジェクト"Spectral Beam Combining of Red Laser Sources" が発足される。
  • 400台目のBLITZを販売。
  • シンガポールのSentosa 島でBLITZプロジェクターが導入される、ECA2 / Claude Lifanteにより“Songs of the sea” が行われる。
  • 三つの研修施設を建設。

 

2008

  • 次世代レーザーショーコントローラー"compact Mark 2" と "workstation Mark 2" (Lasergraph DSP Mark2 series)を発表。
  • Coherent Taipanモジュールの認定資格を取得。
  • ポスダム大学のFraunhofer IPMと協力し政府基金より、いくつかの項目が正式に発足、最新の測量システムの発展が期待される。
  • 低出力のレーザーダイオードを収束する技術を開発。
  • PHEANON RGB シリーズの更なる開発。
  • ECA2  / Claude Lifante.によりFuturoscope Parc, Poitiers でAccurateプロジェクターが導入される。

 

2009

  • フルカラーレーザー”PHAENON RGB”シリーズを発表。 低出力から高出力まで幅広い出力を持つモデル。
  • 100台目のCoherent® Genesis TAIPAN購入でCoherent社に褒賞される。
  • 二人の研修生は電気技術と設備とシステムの授業を習得。もう一人はビジネス経営アシスタントの授業を習得。

 

2010

  • 200台目、300台目のCoherent® Genesis TAIPAN購入でCoherent社に褒賞される。
  • ウェブサイトの更新、ロシア語、日本語、中国語、韓国語がサポートされる。
  • LaserAnimation SOLLINGER has celebrated its 25 years existence - a success story in the industry!
    Started as one-man business in 1985 the company employs twelve permanent workers today and became firmly established as manufacturer of high-end laser projection units as well as laser show and media controllers all over the world.

 

2011

  • 20th Anniversary Lasergraph DSP
    LaserAnimation offers birthday presents for all owners - a birthday update as well as a birthday upgrade.
    Additional LA has held a DSP user group meeting on occassion of anniversary.
  • Company certified according to ISO 9001:2008.
  • Most compact RGB laser projector worldwide "Phaenon RGB Basic" available
    The well designed new construction makes it possible to integrate all components of the Phaenon RGBs with output power from 2.5W to 5.5W into the slender "Basic" housing.
  • More variations for the Phaenon ATs
    Thanks to the redesigned inner construction, projectors with up to four Taipans are now available in the handy Phaenon RGB housing. For more than four Taipans a new compact housing is available.
    In addition, there is the new model "Phaenon AT Tri-Pan" for the medium power range as well as an outdoor version "Phaenon AT Outdoor".
  • LaserAnimation receives an award for 300 integrated Taipan laser diodes.
  • LaserAnimation trades solely under its own name again, the business partnership with RTI is ended.


2012

  • New features enhance the Lasergraph DSP Mark 2  
    Mac OS-X support - programming and editing of DSP laser shows are possible on a Apple® Mac computer. The programs LGRemote, LGTimecode, proTize converter, Gobo Wizard are available as  Mac versions since 2012.
    Support of visualization software Capture Polar  and  Depence V:3d  
  • Next Generation PHAENON X
    Start of development for the next generation of  RGB laser projectors PHAENON X
  • Awards
    LaserAnimation receive a further System Integrator Award for 400 integrated Taipan OPSL laser sources.
    On occasion of ILDA conference in November our company got 5 awards.

 

2013

  • Innovations for the Lasergraph DSP
    1. With the new timeline application "ShowLine" a new software component is available for Lasergraph DSP users which allows arranging laser effects with audio or video files simple and clear.
    2. New hardware platform for the Lasergraph DSP series: Lasergraph DSP compact dual Mark 2 - the popular "Compact" is also available as "dual" version with two scanner outputs
  • Next Generation PHAENON X launched
    Special features: Electronic mask , motorized beam adjust, remote control by IPod
  • 2 artistic ILDA awards

 

  • Support of our distributor Laser Kinetics by supplying in total eight laser projectors for the installation at opening ceremony of the Universiade in Kazan (Russia)
  • Continued collaboration with artist Robert Henke during the laser installation “Lumière
  • Special installations using LA projectors: Grand Coulee Dam
  • Collaboration with White Void  art and design: Laser installation “Fluidic Sculpture” for Hyundai shown in Milan (Tortona Design Week 2013)
  • Continued collaboration with artist Roland Burkart  on a the improved laser installation WHITE ARCHITECTURE NO. 1 shown in Munich

 

2014

  • New hardware platform Lasergraph DSP travel  launched 
  • PHAENON X  AT series enhanced: Laser projector with 7 Taipans (total laser output of 30,000 mW) available 
  • LAN functionality of LA Toolbox software for Mac and PC
  • System Integrator Award for 500 integrated Taipan OPSL laser sources
  • 1 artistic ILDA award for art project “FLUIDIC – Sculpture in Motion”  designed and produced by WHITEvoid  design studio in collaboration with LaserAnimation

  • Support for ECA2’s multimedia project “Wings of Time” on Sentosa island by providing the necessary laser equipment
  • Collaboration with R. Henke on the laser project “Destructive Observation Field”  
  • Support for FLASH ART GmbH by providing special laser technology for forming a laser grid to present the Audi R18 headlights during the trade fair CES in Las Vegas  
  • “Festival of Lights” and “Berlin leuchtet” with LA laser equipment, among others during the opening concert “Lumissimo” staged at the Berliner Dom 
  • Support for project “25 YEARS FALL OF THE BERLIN WALL” on the Brandenburg Gate on November 9th 2014 accomplished by phase 7 performing.arts

 

2015

  • The company celebrates its 30th anniversary in September in a leisure park near Berlin. 

  • Rollout of the new Lasergraph DSP Playback, a low coast playback unit for Lasergraph DSP shows to make realizing setups with multiple Lasergraph DSP more affordable
  • New software level Licensor for the Lasergraph DSP Mark 2
  • 4 ILDA awards on the occasion of ILDA conference in Dubai (UAE)
  • Prototype PHAENON Accurate presented during PLS - first RGB laser projector in Carbon housing for laser applications without elaborate installation
  • PHAENON X series enhanced with the PHAENON X Mini
  • Award for 600 integrated Taipan laser sources  (status April 2015)
  • New distribution partner in Dubai (UAE)

  • Collaboration with the artists Christoph Bauder and Robert Henke at the art project "Deep Web" (will be continued in 2016)
  • Support of our partner tarm Showlaser by providing of a total of 16 laser projectors and 18 Lasergraph DSPs for the opening of the  1st European Games
  • Support of the audio-visual laser installation "Lumière II" by R. Henke

 

2016

  • Our PHAENON Accurate - the first full color laser projector with carbon housing - has been significantly redesigned. CEO M. Sollinger has presented the 'new' PHAENON Accurate as first RGB laser projector with IEEE 802.1 AVB support at the ILDA conference in Baltimore (USA)
  • Two "Artistic" ILDA awards - one for the art installation "Deep Web"  and one for the laser show "Empire State of Mind" 
  • Award for 700 integrated Taipan laser sources
  • The 100th PHAENON X laser projector was shipped in February

  • Intensive collaboration and extensive support with equipment and know-how for the "Deep Web" installation during world premiere in February in Berlin as well as during "Fêtes des Lumières" in Lyon (France)
  • Close cooperation with Yvette Mattern in her project "Global Rainbow" by providing new laser equipment for further installations
  • Support of the audio visual laser installation "Fall" by R. Henke

 

2017

  • New design for all "BLITZ Lasergrid" components: The laser module is now integrated in a weather proof housing with yoke (protection category IP 65). A new powerful power supply which can additionally be used as booster and a central E-stop box are available too
  • New CNC milling machine type "Datron Neo" allowed enhancement of  in-house production of mechanical components
  • Sales of laser projectors and  Lasergraph DSP controllers  increased -> e.g. the 50th PHAENON Accurate was delivered in December 

  • Supply of 30 new "BLITZ Lasegrid" modules (including power supplies and external E-stop box) for installation in the Komischen Oper Berlin
  • Support of the Numen/For Use group for the  scenography of  the opera "Parsifal" in the  National Opera Sofia
  • Support of the audio visual laser performances "Phospor" and "Spline" by R. Henke
  • Comprehensive collaboration with media technology company "Lightvert" during realization of the new advertising medium "ECHO"
L
M
S